東京で日本語学校に通う場合のポイント

東京で日本語学校に通う場合には、勉強している学生は何人いるのかやテストなどはどのようにして行われているかなどを気にする人は多いことでしょう。

まず、勉強している学生の数については日本語学校の規模や形態にもよりますが一般的には200人から300人程度の学生が学んでいることが多いです。

少人数制のクラスを採用している学校も30人くらいのクラスで運営している学校もあります。東京には日本語学校は100を超える数が存在しており、日本語を学べる環境は非常に充実していることが特長です。

テスとに関しても日本語学校によって違ってきますが一般的な学校に関しては新入生クラス分けテストを最初に行い、クラスに応じた学習を行うことで日本語を習得して定期試験や日本語能力試験などのテストを受けるという仕組みになっていることが多いです。

日本語学校の東京情報選びをサポートするサイトです。

授業やテストの合間に親睦を深める意味でバザーやオリエンテーションなどのイベントが開催されています。


東京で日本語学校に通う場合の費用は、短期で通う場合は12週間で20万円前後・24週間で40万円前後が多いです。


入学金・授業料・テキスト代などの費用を組み合わせた代金であり、授業料は1回あたり1万5千円くらいの値段が平均です。



学校によっては、日本語を学ぶことによって大学の入学資格を得ることができるところもあります。



長期的に通う場合においては、費用は150万円くらいかかりますがその分本格的に日本語を習得することが可能であることから人気です。