• 労働者に心の不調を気づかせる「ストレスチェック」

    • 事業者が労働者に不法な残業を行わせたり過重な責任を伴う業務を行わせることで労働者のメンタルヘルスが損なわれています。

      今、話題の便利なストレスチェックについての情報ならこのサイトです。

      それにより仕事を休んだり辞めなければならなかったり、過労死や自殺にまで追い込まれる事案が増えてしまっています。
      労災認定される件数が年々増えており、厚生労働省は改正労働安全衛生法の「ストレスチェック制度」を平成27年12月1日に施行しました。


      ストレスチェック制度とは、労働者に簡単なチェック表で質問に答えてもらい、その結果を産業医や保健師などの専門家に見てもらい、労働者に強いストレスがかかっていないかを判断してもらうものです。


      過重なストレスがかかっていることを労働者自身に気づいてもらうことと、過労死や自殺など労働者のメンタルヘルス不調を未然に防ぐことが目的です。



      ストレスチェックを行うことは事業者の義務になります。

      チェックの結果は専門家から労働者に直接渡さなければならず、事業者が本人の同意なく見ることはできません。労働者がメンタルヘルスについて相談をしたいと申し出があった場合、産業医や保健師による面接指導を行わなければなりません。


      この時、労働者が面接指導の申し出をしたことにより事業者が不利益な取り扱いをすることは禁止されています。


      就労人口が減り続けている現在、労働者一人一人が健康で長く働く必要があります。それは事業者にとっても望ましい状況のはずです。

      事業者は労働者の心のケアに気を配り、働きやすい職場環境を整えることが責務となります。



  • ストレスチェックを詳しく知りたいなら

    • ストレスチェックは毎年一回の実施

      近年仕事による強いストレスが原因で精神疾患をもってしまう社会人が増えており、労災認定される人も増えています。それを受けて国は労働者が50人以上いる事業所にストレスチェックの実施を課しました。...

  • ストレスチェックの知識を増やす

    • 定期的なストレスチェックがおすすめ

      ストレスチェックというものをご存知でしょうか。いくつかの項目にこたえることで、チェックをした人の感じているストレスの量や心の状態をある程度客観的に判断できるようになるものです。...

  • ストレスチェック入門・ストレスチェックの情報まとめ

    • ストレスチェックに関する説明

      ストレスチェックとは仕事や職業生活に対して強い不安や悩み、またはストレスを感じている労働者が全体の5割を超え、精神病を発症したり自殺に追い込まれる日本人が後を絶たない現代労働社会のメンタルヘルス問題に危機感を抱いた厚生労働省が平成26年6月25日に公布された「労働安全衛生法の一部を改正する法律」に基づき、メンタルヘルスが不調となる前に問題を解決する一時的予防と労働者に自身のストレス状態を自覚させ、ストレスの原因となっている職場環境の改善を目的に実施を企業に義務づけた検査制度です。(ただし労働者数50人未満の企業に関しては努力義務に留まる)ストレスチェックでは要求される仕事量や職場内の人間関係、自身の肉体的、精神的な疲労状態などに関する質問が行われます。...

    • ストレスチェックの導入によりもたらされるメリット

      企業がストレスチェックを導入することによって、企業側にとっても従業員にとっても実に多くのメリットがもたらされます。例えば、企業側が受ける一つのメリットとして、企業で働く従業員の生産性低下を防ぐことができるという点があります。...