• ストレスチェックに関する説明

    ストレスチェックとは仕事や職業生活に対して強い不安や悩み、またはストレスを感じている労働者が全体の5割を超え、精神病を発症したり自殺に追い込まれる日本人が後を絶たない現代労働社会のメンタルヘルス問題に危機感を抱いた厚生労働省が平成26年6月25日に公布された「労働安全衛生法の一部を改正する法律」に基づき、メンタルヘルスが不調となる前に問題を解決する一時的予防と労働者に自身のストレス状態を自覚させ、ストレスの原因となっている職場環境の改善を目的に実施を企業に義務づけた検査制度です。

    目的に応じたストレスチェック情報を簡単に請求できます。

    (ただし労働者数50人未満の企業に関しては努力義務に留まる)ストレスチェックでは要求される仕事量や職場内の人間関係、自身の肉体的、精神的な疲労状態などに関する質問が行われます。



    ストレスチェックの結果、高ストレスの診断結果が出た人間に対しては医師、保健師による面接指導による改善指導が行い、診断結果によっては相談機関や専門医の紹介を行います。
    また企業は医師から意見聴取を行い、高ストレス者のストレス回線のために時間外労働の制限や労働場所の変更、職務の配置転換、深夜労働の回数減少といた対策を行う必要があります。

    ただしこの面接指導を理由とした不利益の取り扱いは禁止されています。

    これは高ストレス者が左遷や降格をおそれて自身のストレスを隠蔽報告することや、企業にストレスチェック制度を人件費削減などの用途で悪用させめないための規定です。